千葉市中央区の井上記念病院は、外来、入院、健康診断、在宅療養等、優しく信頼される、患者様中心の医療で地域に貢献する病院です。

薬剤部ご紹介
薬剤部ご紹介【薬剤部】

薬剤部では、医薬品の適正かつ安全使用を原点に、内服薬・注射薬・外用薬などすべての医薬品に対して、医師の処方せんに基づき調剤や製剤を行っています。また、チーム医療の一員として、医療安全対策・感染対策・NST(栄養サポートチーム)活動などに参加しています。

薬剤部からのお知らせ

スタッフについて

常勤薬剤師………7名 非常勤薬剤師……2名 助手……1名

主な業務

●調剤業務

処方せんに記載された薬の種類・飲み方・量・飲み合わせなど、必ずニ人でチェックして調剤します。錠剤を飲めない患者様のために、錠剤を粉砕する作業も行います。調剤業務は調剤過誤防止を最優先にしたシステムで運用されています。内服薬は一部の薬を除き、ほぼすべて自動錠剤分包機で一包化しています。一包化する際に患者さまの氏名が印字されるので、他の患者さまへ誤って投与されてしまうことが避けられるようになっています。

薬剤部ご紹介【薬剤部】

●注射業務

注射処方せんに基づき、個人別に薬剤を取り揃え、鑑査を経て供給しています。

薬剤部ご紹介【薬剤部】

●注射無菌調製

クリーンベンチ内で中心静脈栄養輸液(TPN)の調製を行っています。また、安全キャビネットにて抗癌剤の調製を行っています。無菌的に調製することで感染症の予防対策や医薬品の安全使用が可能になります。

薬剤部ご紹介【薬剤部】

●製剤業務

治療上必要であるが市販されていない特殊な薬品を製剤しています。外用薬・点眼薬・その他の無菌製剤を行っています。

●TDM業務

一部の抗菌薬において、初期投与設計のシミュレーションし、適正な薬物療法が行えるようサポートしています。

●薬剤管理指導業務

薬を安心かつ安全に正しく服用していただくために患者様に直接、薬の働き・効果・飲み方・副作用などの服薬指導を行っています。また、病棟にある与薬カートへ個別に配薬を行ったり、病棟スタッフへの情報提供等を行っています。

●DI業務

医薬品情報の収集・供給・管理を行っています。

また、院内への情報提供としてDIニュースを発行しています。

●医薬品管理業務

約1,000種類の医薬品の発注・在庫管理・納品検収・帳簿管理など、滞りなく薬を届けるための管理を行っています。

薬剤部ご紹介【薬剤部】

●リスクマネージメント

定期的にミーティングを行い、各業務を見直し、直接的・間接的にリスクを軽減するべくリスクコントロールを行っています。麻薬・毒薬・向精神薬の管理はもちろん、ハイリスク薬のリスト作成や名称の類似・類似包装など隣接配置の回避、注意事項・警告などの表示を行っています。

●外来関連業務

外来処方せんの監査を行っています。当院では院外処方せんを発行し、院外の保険調剤薬局で薬を受け取っていただくことを原則としています。処方せんは医師により発行され、薬剤師による鑑査を経て患者様に届きます。外来処方せんには適正使用の観点より、法律で有効期限が『発行を含めて4日以内』と定められています。期限が切れてしまった場合は期限切れの処方せんを病院の窓口にお持ちいただき、自費による再発行となります。ご了承ください。

また、院外薬局からの問い合わせも受け付け・対応しています。

●定数配置薬の管理

病棟・外来にそれぞれの特徴にあった薬品や消毒薬を配置しています。週に3回期限・数量の確認・補充を行っています。また、手術室の薬品の管理・補充も行っています。

●院内における活動

院内における各種委員会への参加や糖尿病教室の開催など、様々な活動をしています。

line