平成29年度 医療法人社団普照会井上記念病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - 16 41 107 135 287 521 462 113
平成29年度一般病棟の退院患者数を年齢階級別に集計しています。70歳以上の患者数が多く、全体の3分の2を占めいています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群-手術あり-処置2:4あり-副病:なし 44 11.71 21.27921 0.00% 79.18
050130xx99000x 心不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 34 32.88 17.70713 2.94% 84.91
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群-手術なし-処置2:4あり 34 9.32 10.60377 0.00% 80.32
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎-手術なし-処置2:なし-副病:なし 24 46.21 20.82619 0.00% 88.42
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症-手術なし-副病:なし 20 11.55 12.34174 5.00% 69.05
内科は、骨髄異形成症候群・悪性リンパ腫等の血液疾患の患者数が多く、輸血や化学療法を行っています。また、心不全・肺炎等の高齢者の罹患率が高い疾患も多くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍-乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)-処置2:なし 23 5.61 6.37098 0.00% 57.57
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍-乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等-処置2:なし 10 6.70 10.15357 0.00% 59.70
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 5.50 8.98453
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍-乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等-処置2:なし 9.67 11.45292
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)-手術なし 1.00 3.01554
外科は乳癌に対する手術目的入院が多くなっています。また、鼠径ヘルニア手術や内視鏡下にポリープを切除する手術も行っていますが、集計対象外の入院料(短期滞在手術等基本料3)を算定している為、10件未満となっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折-人工骨頭挿入術 肩、股等 108.38 27.08671
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。)-腱縫合術等 13.60 11.41387
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)-手術なし-副病:なし 23.40 19.94347
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。)-人工関節再置換術等 39.33 25.09191
160820xx99xxxx 膝関節周辺骨折・脱臼-手術なし 49.33 20.06087
整形外科では、平均年齢が70歳以上となっており、高齢者に多くみられる大腿骨骨折、脊椎圧迫骨折での入院が多くなっています。平成29年7月に地域包括ケア病棟を新設し、地域包括ケア病棟にてリハビリを集中的に行い、早期在宅復帰を目指しています。地域包括ケア病棟への入院は集計対象外にて、上位5位の件数は10件未満となっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。)-手術あり 3.00 3.28376
020220xx97xxx0 緑内障-手術あり-片眼 5.50 8.50738
020230xx97x0xx 眼瞼下垂-手術あり-処置2:なし 3.00 3.28554
020250xx97xxxx 結膜の障害-手術あり 3.00 3.30312
手術目的での入院が多く、斜視・眼瞼下垂の症例が多くなっています。最も多い症例数は、白内障に対する手術ですが、集計対象外の入院料(短期滞在手術等基本料3)を算定している為、計上しておりません。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症-手術なし 11.60 11.73086
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 7.00 8.95230
100100xx99x1xx 糖尿病足病変-手術なし-処置2:あり 56.00 29.16440
080050xxxxxxxx 湿疹、皮膚炎群 7.00 10.49692
100100xx99x0xx 糖尿病足病変-手術なし-処置2:なし 9.00 21.95394
皮膚科全般の治療を行っています。糖尿病による皮膚疾患に対しては、内科医師へコンサルトをしながら、糖尿病及び皮膚疾患に対する治療を進めています。尚、重度火傷等の重症患者様については、対応可能な高次医療機関への紹介を行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等-経尿道的前立腺手術 18 14.17 9.72662 0.00% 74.89
110080xx99030x 前立腺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:3あり-副病:なし 14 4.00 14.80736 0.00% 69.43
110080xx02x0xx 前立腺の悪性腫瘍-精巣摘出術-処置2:なし 6.13 6.07235
110070xx02020x 膀胱腫瘍-膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術-処置1:なし-処置2:2あり-副病:なし 12.17 7.63788
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍-前立腺悪性腫瘍手術等-処置2:なし 19.25 12.91560
泌尿器科は主に、前立腺癌、前立腺肥大症、膀胱癌の手術治療を行っています。また、前立腺癌の疑いがある場合には、前立腺生検も行っておりますが、集計対象外の入院料(短期滞在手術等基本料3)を算定している為、計上しておりません。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 7
大腸癌 2 7
乳癌 19 13 1 7
肺癌 1 7
肝癌 2 5
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
乳腺専門医の増員、紹介患者様の増加により手術実施件数が増加しています。それに伴い、乳癌の患者数が増加しています。また、その他の癌については緩和ケアを行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 17 10.94 53.12
中等症 53 27.85 81.91
重症 14 22.21 83.93
超重症 52.80
不明
市中肺炎とは、病院等の施設外で日常生活をしている方に発症した肺炎を指します。重症度は、年齢・脱水症状の程度・意識障害の程度等により評価され区別されています。重症度が重くなるにつれて、平均年齢も高齢となっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 27.83
その他 53.50
当院は脳神経外科の標榜がない為、患者数はいずれも10人未満となっておりますが、脳梗塞と診断がなされた場合には、重症度に応じて専門的治療を受けられる医療機関を紹介しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 108 0.02 1.08 0.00% 62.95
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) 4.25 41.25
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 61.00 66.33
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 0.00 1.67
K0461 骨折観血的手術 1.上腕 24.00 28.00
内科は短期入院で内視鏡下に大腸ポリープを切除する手術件数が多くなっています。また嚥下障害の方に対し、胃瘻造設術も行っております。骨折観血的手術については整形外科にて行っていますが、内科より転科して行っている為、内科にて計上されています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 51 0.00 1.04 0.00% 65.53
K6335 鼠径ヘルニア手術 41 0.73 1.46 2.44% 63.32
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 23 1.00 3.61 0.00% 57.57
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 1.00 4.56
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 1.00 6.60
外科は短期入院で内視鏡下に大腸ポリープを切除する手術や鼠径ヘルニア手術の件数が多くなっています。また、乳癌に対する腫瘍切除術の件数も多く、必要に応じて乳房の再建術も行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 1.大腿 6.43 118.71
K068-2 関節鏡下半月板切除術 0.80 11.80
K0811 人工骨頭挿入術 1.股 8.00 47.00
K0821 人工関節置換術(膝) 2.00 27.50
K0462 骨折観血的手術 2.前腕 3.00 9.00
整形外科は、大腿骨骨折に対する骨折観血的手術が多くなっています。主に整形外科の手術は地域包括ケア病棟にて施行しているため、集計対象外となっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 249 1.00 3.27 0.00% 74.48
K2422 斜視手術(後転法) 1.00 1.00
K2421 斜視手術(前転法) 1.00 1.00
K2423 斜視手術(前転法と後転法) 1.00 1.00
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 1.00 1.00
眼科は主に白内障に対する手術を行っています。他にも斜視手術等を行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 17 1.00 12.06 0.00% 74.94
K830 精巣摘出術 11 0.91 6.18 9.09% 79.64
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 10 1.30 15.40 0.00% 79.60
K7981 膀胱結石,異物摘出術 1.経尿道的手術 1.00 8.50
K8352 陰嚢水腫手術(その他) 1.00 4.50
前立腺肥大症や膀胱癌に対する手術が多くなっており、尿道へ内視鏡を挿入し切除を行っています。精巣摘出術は前立腺癌が見つかった場合に施行しており、ホルモンの分泌を少なくする事で癌細胞の増殖を抑える目的に施行しています。また、前立腺癌に対する前立腺悪性腫瘍手術も行っておりますが、地域包括ケア病棟にて施行している為、集計対象外となっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
入院契機と同一の場合は、その傷病の治療目的に入院となったことを表しています。手術・術後の合併症の内訳は、「造影剤ショック」「後出血」「術後血腫」各1件でした。年間の入院手術件数は948件にて、手術後の合併症の発生率は0.002%となっています。当院は治療や手術、処置、検査の際、起こり得る合併症については事前に十分に説明した上で行っております。
更新履歴